ふじ本まり子の活動報告
for Mobile

ふじ本まり子

◆ご挨拶◆

国民は怒っています

時々、宮前駅前で安全パトロールのお手伝いをさせていただいていますが、今年もピカピカの一年生が学校に通う春が訪れました。
最初お母さんと一緒に登校していた1年生も、すぐに一人で登校できるようになります。子どもの成長は、目を見張るものがあります。
皆さま、お変わりありませんか。

さて、昨今の政治状況はいかがでしょうか。
「森友」問題、「加計」問題、自衛隊の日報問題等々、話題に事欠かない政治状況が続いています。日本の政治はどうなっているのかと腹立たしい気持ちでいっぱいになっているのは私だけではありません。
これまでの安倍首相の言動は無責任で、日本の民主主義をおとしめたと断じざるえません。
政治家の一人として、本当に情けなく、国民が収めた血税をどう考えているのかと腹の底から怒りが湧いてきている昨今です。

また、地方創生と叫ばれていますが、それを言うなら、国ではなく地方に税金が直接収められ、地方が予算として自由に使える仕組みを作るべきではと考えます。
県の予算の6割が依存財源であることを考えると、地方がより主体的に動くためにも、税制改革が必要ではないかと思います。

さて、3月議会も終わり、県当局の皆さんの移動も終わり、いよいよ新年度がスタートしています。7月には市長選、11月には知事選と今年は選挙年となる年です。その選挙が終われば来年の4月には、いよいよ地方統一選挙です。4年に一回の審判が下されます。
私もこの一年、心を引き締めて臨みたいと決意しています。

季節の変わり目です。体調など崩さないようお体には十分気を付けてお過ごしください。
今後ともご指導、ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

◆サイトメニュー◆

©fujimoto-mariko.net